Monthly archives: 9月, 2017

素材について

マリッジリングは素材も重要です。そのためには品質の高い素材を使用しているものを購入しましょう。まず銀色に輝き、変色もほとんどなく強度もそこそこの、マリッジリング素材として一番人気はプラチナです。純度の高いプラチナ900がおすすめ。銀色の輝きはダイヤともぴったり。またずっと身につけておくマリッジリングの素材としては一押しです。

しかしやっぱり金色がいいという人も。そんな人にはゴールドがおすすめ。18Kはキレイなゴールドで、プラチナより硬度があります。黄色人種の日本人の肌の色と相性が良いと言われていますが、ダイヤとはあまり相性が良いとは言えず、小さなダイヤではあまり目立ちません。特にマリッジリングにダイヤをつける場合、埋め込みタイプの小さなダイヤになるのでますます目立たないでしょう。また温泉などに入るとゴールドは変色の可能性があるため、温泉に入るときには外す必要があります。

ホワイトゴールドも人気があります。銀色のホワイトゴールドは14Kや10Kが人気です。純粋な金にパラジウムなどを混ぜて、白っぽいゴールドを作ったもので、いわゆる金色の18Kとくらべ硬度もありプラチナに近い色をしています。しかし少し黄色みがあるのでロジウムメッキが掛かっています。当然いつかはメッキが剥がれるので、メッキを掛け直すことが必要です。やはり長持ちという面では、プラチナがおすすめと言えそうです。



マリッジリングを購入

マリッジリングを購入する際に、注意することの一つに品質があります。マリッジリングは結婚指輪とも言われており、結婚したら左の薬指にずっとつけておくものです。お料理中でもお掃除中でもお風呂でも、取り外さないことが基本。そのためデザインや品質にはやはり注意が必要です。例えば変色、変質しない品質であること。引っかかったり、傷付けないデザインであることが必須となってきます。そこでマリッジリングを上手に購入するポイントをご紹介しましょう。

マリッジリングを購入するときは、高品質であり、その上低価格がおすすめ。そのためにはまずブランド指輪を選ばないことです。ブランドのマリッジリングは、高品質でデザインも素敵ですが、同じランクのものと比べ、数倍も高価格な場合がほとんどです。無名ブランドでも品質の高いものはいくらでもあります。ただし2人とも特定のブランドが大好きで、そのブランドのリングをつけることが喜びであれば価格が高くても、それなりの意味はあるかも知れません。

やはりきちんとした品質のマリッジリングを購入するためには、アフターサービスのしっかりしたジュエリーショップで購入するようにしたいものです。5年間の無料保証やクリーニング無料などのサービスが付いているところは、品質も良いものをきちんと販売しています。ネットなどでの購入は、実際に手に取って見ることができない怖さがあり、やはりリアルなショップでの購入がおすすめです。あとは自分のお気に入りのデザインを選ぶだけです。