マリッジリングは素材も重要です。そのためには品質の高い素材を使用しているものを購入しましょう。まず銀色に輝き、変色もほとんどなく強度もそこそこの、マリッジリング素材として一番人気はプラチナです。純度の高いプラチナ900がおすすめ。銀色の輝きはダイヤともぴったり。またずっと身につけておくマリッジリングの素材としては一押しです。

しかしやっぱり金色がいいという人も。そんな人にはゴールドがおすすめ。18Kはキレイなゴールドで、プラチナより硬度があります。黄色人種の日本人の肌の色と相性が良いと言われていますが、ダイヤとはあまり相性が良いとは言えず、小さなダイヤではあまり目立ちません。特にマリッジリングにダイヤをつける場合、埋め込みタイプの小さなダイヤになるのでますます目立たないでしょう。また温泉などに入るとゴールドは変色の可能性があるため、温泉に入るときには外す必要があります。

ホワイトゴールドも人気があります。銀色のホワイトゴールドは14Kや10Kが人気です。純粋な金にパラジウムなどを混ぜて、白っぽいゴールドを作ったもので、いわゆる金色の18Kとくらべ硬度もありプラチナに近い色をしています。しかし少し黄色みがあるのでロジウムメッキが掛かっています。当然いつかはメッキが剥がれるので、メッキを掛け直すことが必要です。やはり長持ちという面では、プラチナがおすすめと言えそうです。